aewsa

 

ワキガ体質の方でも、入浴して汗を流すと臭いはしません。
簡単に言うと裸の状態では、掻いた汗もスグ乾燥してしまい
ワキガ菌の出番はなくなります。したがって臭いは発生
しないのです。

 

ワキガ菌は衣類に付いた汗で増殖する

寝ている間に掻く汗はコップ1杯といわれています。

アポクリン線から出た汗はワキとパジャマの中で
皮膚の常在菌によって蒸れた環境を作りだし繁殖して
ワキガ臭が強くなります。
一般的には化学繊維(ポリエステル・アクリル・ナイロン
ポリウレタン)は綿の衣類より臭うといわれます。

化学繊維の場合は吸収性や通気性が悪いので、掻いた
汗が発散しにくいので蒸れやすくて臭うといわれます。

しかし、化学繊維だけでなく綿の衣類でも、掻いた
汗はワキと衣類の間で菌が増殖し臭いは発生します。


汗処理で臭いを抑える

出勤前のシャワーは臭いを消してくれます。時間は
1分で十分です、シャワーを浴びて臭いの無い身体で
1日を送ってください。

汗を掻いたらこまめに汗処理シートなどで処理をを
してください。衣類に染み込む前に処理するだけで
大きな効果があります。

汗を衣類に染み込むのを抑えるには、使い捨ての
ワキパットを使うだけで効果があります。

 

掻いた汗は衣類に染み込ませない

アポクリン線から出た汗でワキガ菌が増殖して衣類に
染み込んでしまうと、ワキガ臭を抑えるの難しいです。

朝の出勤前にシャワーで汗を流したら、忘れずに
制汗剤を使用してください。

制汗剤を使う事で、ワキガ臭の無い1日が遅れます。
途中で汗を掻いた場合は、トイレなどで制汗剤を
塗ることをおすすめします。

  
>>ワキガの臭いを抑えてくれる制汗剤のサイトはこちら